ぱぱハート

【SPONSORED LINK】

筆が遅い人に捧ぐ。ぼくが筆の遅さを克服した、たった一つのテクニック。

f:id:shumai0911:20170315102220j:image

誰もが情報の発信源になることができる時代です。mixiFacebooktwitterなどのSNS。レポートや報告書の作成もそれに含まれるかもしれません。このブログを読んでいる人には,やはりブログを書いている人が多いのでしょうか。多かれ少なかれ仕事やプライベートにおいて文章を書く機会は,誰にでもあるかと思います。

 

文章を書くのもひとつの技術です。訓練を重ねれば,面白い文章を作ったり,きれいな言葉を使ったりすることができるようになります。なるはずです。ならないと困ります。いい文章をたくさん読むこと。文章をたくさん書くこと。書き写したり音読したりすることも含めて,インプットとアウトプットを繰り返せば,いずれ技能として備わっていくもです。それを信じて,ぼくは今日もブログを書いています。

 

ブログを始めた際,文章力のなさもさることながら,自分の筆の遅さには辟易しました。一つの記事で1,000文字は最低でも書こうというルールを自らに課したのですが,なかなかそこに到達しない。書きたいことはあるのに,文章化するのに時間がかかる。イメージはできているのに,文章にならなかったり,内容がなかったり。書き慣れていないというのは,こういうことなんだなと痛感しました。

 

そんな「筆の遅さ」をぼくが解消したたったひとつの方法をお伝えします。それは

改行をせずに文章を書く

ということ。

 

きっかけは,手書きで文章を書いていたときでした。改行をするごとに,文字通り自分がひと段落ついていることに気が付いたのです。改行をしてしまうと,そこで思考が止まってしまいます。無意識に小休止をし,それが終わると適当な接続詞をつけて,また新たに文章を書き始めなければいけないのです。一度切れてしまったスイッチを入れるのは,どんなことでも余計に労力がいるものです。そうしたことを繰り返しているうちに頭は疲弊し,集中力が切れてしまいます。

 

改行をせずにベタベタと駄文を書き連ねていると,割とスムーズに文章がポンポン生まれてきています。1,000文字程度であれば,意識せずとも到達できるという印象です。現に,この記事も最初はベタ打ちで作りました。

 

改行をせずに文章を書くと,最初は違和感を感じるかと思います。理由は,読みづらいからでしょう。しかし,自分で書いた文章を,書きながらすぐに読み返す必要など本当はないのです。読み返すのは最後。ベタベタと適当に文章を垂れ流したあとで,段落を変えたり体裁を整えたりすれば,それで十分読める文章が作れるのです。

 

Enterキーを押すことを少し我慢すれば,すぐに文章を作るスピードが上がっていることに気づけるのではないかと思います。手書きの場合はだと,こんなことできないんですけどね。

 

頭に浮かんだことをただ文章化しろと言われても,慣れない人にはなかなか難しいもの。もしかしたら現代人はSNSで鍛えられているのかもしれませんが。

 

筆の遅さに悩んでいる方は,一度試してみてください。

プレゼンテーションについて,誤解されがちな3つのこと

f:id:shumai0911:20170315101908j:image

プレゼンテーション。

 

苦手な人はその響きだけで、げんなりする単語です。ぼくもそのクチです。人前で何かをアピールするなんて、緊張するし恥ずかしいし。支離滅裂なことを話していないか、相手にちゃんと伝わっているか。もういっぱいいっぱいです。

 

一方で、プレゼンテーションが上手であるということはビジネスにおいて、大きな意味を持ちます。仕事を得る,という最初の一歩が,プレゼンテーションに懸かっているなんて,ザラにある話。また,プレゼンテーションによってアピールできることは、その内容だけに留まりません。話しているその人への信頼や,評価に繋がることもあります。ビジネスチャンスを掴むために、プレゼン能力は必須です。

 

そんなプレゼンテーションについて、先日プロに教えていただく機会がありました。プロに聞いたお話によるとプレゼンテーションについて,誤って認識されがちな3つのことがあるそうです。これに拘泥してしまっていたら、プレゼンテーションの成功は困難になるそうです。プロに教えてもらった、プレゼンテーションに関する3つの誤解をご紹介します。

 

資料をつくることがプレゼンテーションではない

プレゼンテーションをする際に、パワポを使う人が多いんじゃないでしょうか。しかも、大きな画面に投映しているのにも関わらず、同じものを紙に印刷して配ったりして。

 

資料を作ること自体は必要です。ただ、それは説明を補うものであったり、持ち帰ってもらうためのもの。プレゼンテーションの本質は、あくまでもトークです。資料によって伝えられるのであれば,それを配って終わりでいいんです。配った資料をプレゼンテーションで補足するのではなく,プレゼンテーションの補足のための資料であるべきです。資料に頼らず,言葉で説明ができなければ,プレゼンテーションはできないのです。

 

1対1で伝えることも,プレゼンテーションである

「プレゼンテーション」と聞いて想像する場面は,おそらく多くの人の前に立たされ,お話をする姿かと思います。会議室や講堂のような場所で,複数人を相手にして。しかし1対1で話をするのも,プレゼンテーションの一種であるのだそうです。

 

こちらの情報を相手に提示し,行動を促すことがプレゼンテーションの本質です。相手が何人であっても,その本質は同じ。相手に「伝える」行為であるという点は変わらないのです。

 

人前で話す人も,1対1なら緊張しないのではないでしょうか。相手によるか。でも,同じなんですよ。考えすぎたり,気を張りすぎる必要はないのです。

逆に,複数人の前ではないからと1対1での提案や報告の機会をナメるのも,褒められたことではありません。そうした機会であっても,プレゼンテーションの際のように用意をして臨むことが望ましいのです。

 

自分の言いたいことを伝えるのがプレゼンテーションではない

プレゼンテーションは,自分の提案なり報告なりを相手に伝えることから始まります。が,しかし。自分のアピールしたいこと,言いたいことだけを伝えても,相手には何も響きません。では,何を伝えるべきか。

 

相手の聞きたいことを,話すべきです。聞き手にとって特になること,聞き手が知りたいことを伝えることで,相手の気持ちを惹きつけ,その後の行動を促す。これが上級者の技なんだそうです。

 

難しいんですけどね。自分の話したいことと,相手の聞きたいことは必ずしも同じではありませんから。自分と聞き手の利害が一致しない場合なんかは特に。それでも,何かあるはずなんです。プレゼンテーションの機会にありつけている時点で,聞き手が期待していることが,何かしらあるはずなんです。ぜひ,探してください。

 

プレゼンテーションが上手なビジネスマンになりたいですなぁ。