ぱぱハート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの現在地~2歳2か月の男の子~

子どもの成長記録

突然ですが、カミングアウトです。

いままで明言していなかった気がするのですが、うちの子どもは男の子です。乗り物やトーマスが好きだという話はいままでも出ていましたし、隠していたわけではないんですけどね。

 

息子はいま,2歳3か月。ここ最近,できることがさらに増えてきたように思います。今回は2歳2か月になってからの、この1か月間の子どもの成長を振り返ります。2歳2か月頃の男の子って,こんなもんですよ。

 

歌をよく歌うようになりました。といっても,音程やリズムはほぼ無視。歌詞の朗読のような感じです。あやふやなところは適当に歌っているらしく,アンパンマンがケーキを食べ始めたり,いつまでも同じところをループしたりと,かなり笑えるクオリティです。とはいえ,字も満足に読めない子どもが,耳からの情報だけでよくここまで覚えられたなと感心します。

手遊びなんかも併せてやるようになりました。保育園で教わったことを、家で少しずつ実践できるようになってきています。

 

記憶

パパ、ママ、おじさん、おばさんの名前を教えてみたところ、きちんと覚えることができました。また、昨日何をして遊んだか、保育園で何を食べたかなど、少し前のことを記憶し、話してくれるようになりました。

遊びに行ったことなんかを記憶に留めておいてくれるので、もっと色々な体験をさせてあげたいと、こちらもポジティブな気持ちになります。いつかは忘れてしまうんでしょうが、何かしら心に残ってくれたらいいなと思います。

 

プライド

子どもの叔父に当たる人に「怖いものはあるの?」と聞かれたときのことでした。うちの子どもは狼、鬼、おばけを怖い存在として認識しています。どうしてもこちらの言うことを聞かないときも、この3大恐怖の権化のことをチラつかせると、途端に萎縮し大人しくなります。

その旨をぼくが伝えたところ、横にいた子どもが間髪入れずに「怖くない!!」と主張。「おにもおおかみも怖くない!!おばけも怖くない!!」必死に自分には怖い存在などいないことをアピールし始めました。

健気ですねぇ。かわいいですよねぇ。かわいくないですか?えぇ、わたしバカですよ。

2歳でも男の子なんですね。怖いものがいるということを恥ずかしいと思ったのでしょうか。いつの間にか、そんなプライドが身についていました。

 

遊び

お気に入りはプラレールです。プラレールの本を見て、サンタさんに何を貰うか吟味しています。

クーピーデビューもしました。口に入れるのではないかと思っていたのですが、いまのところまだお召し上がりにはなっていません。絵はまだ描けませんし、筆圧が弱いので書く線なども薄く、楽しめているのか疑問ですが。

f:id:shumai0911:20161212225926j:image 

絵本はあまり読まなくなってしまいました。ただ、気が向いたときは少し長いお話でもじっくり聞いています。保育園でノンタンぐりとぐらを読んでもらい、気に入ったようです。赤ちゃん向けの絵本を自分で読むようにもなりました。

 

ジャンプ

両足を揃えてのジャンプが、だいぶ上手になりました。跳んでいるというよりは、両足を地面から離しているというか。高いところや遠くを目指して跳んだり、反対に高いところから飛び降りたり、というようなことは、まだまだできそうにありません。ただ、少しずつ脚力がついてきたようです。

 

お鼻

 

これ,ちょっと自慢なんですけど。うちの子,鼻がかめるようになりました。はなみずをかなり頻繁に垂らしているにも関わらず,専用の管で吸われるのは拒否。余りにも放っておくと中耳炎になるそうなので,なんとか対処法をと考えていたところでした。お鼻ブーしてごらん,と鼻にティッシュを当ててやると,ブーッと豪快に鼻をかめるようになったのです。ぼくが子どものころ,鼻をかむのを習得したのはもっと大きくなってからだった記憶があります。やってみれば,2歳児でもできるんですね。これにはかなり驚きました。

 

 

なんだか最近、一気に子どもらしくなったなという印象です。いままでできなかったことができるようになった、ということは本人も自覚しているようです。色々なものを吸収し、自分の成長を喜んでいるように見えます。

課題は絵本ですかね。図書館で何冊か借りてきて、お気に入りを探してみたいと思います。ぼくも妻も働いているので、満足に読んであげられていないんですが。

 

子どもの成長のスピードについていけるよう、親も頑張って成長しないといけませんね。