ぱぱハート

ぱぱハート

4歳と0歳の息子たちとの日常を綴ります

【SPONSORED LINK】

3歳の息子が愛したおもちゃ4選

息子が3歳のときに愛用していたおもちゃたちを紹介します。

 

3歳にもなると,好みにかなりの個人差が生まれていたように思います。2歳ごろから見られた,男の子と女の子の好みの差も歴然になってきました。

 

おもちゃくんたちには,息子が大変お世話になりました。ありがとう!

 

 

f:id:shumai0911:20180907231122j:image

 

1.  LEGO

 

言わずと知れた,世界で大ヒットのブロックおもちゃです。

 

3歳になったら、幼児向けの LEGO DUPLO は卒業!

 

はじまりはトラックだったかな。最初の頃は,付きっ切りでここにこれをつけて……と教えながら作らせていました。4歳を目前に控えた月齢のいまでは,小さ目の箱であれば一人で説明書を見ながら30分ほどで作り上げてしまいます。

 

最近のレゴには特殊なパーツも増えており,複雑な形状であったり特異な部位であったりといったものも作れるようになっています。

 

説明書も何もないところから,自分で考えて何かを作り上げることはうちの子どもにはまだ難しいようですが,できあがったものにパーツを付け加えたりしてカスタマイズすることはしています。

一人で黙々と取り組んでくれるので,その点でも親は大助かり。来客時などにもLEGOを渡しておけば勝手に遊んでいてくれました。

創造力が育まれているのかは現時点では定かではありませんが。手先の器用さと集中力は鍛えられたように思います。

 

できあがった乗り物や恐竜はごっこ遊びにも使えるし,作って遊び,使って遊ぶという二段階で楽しめているようです。

 

ただし,少し割高です。名古屋のレゴランドの入場券が高額であることが話題になりましたが,そもそもLEGO自体が高いんですよね。気軽に子どもに買い与えてあげられないのが難点です。

本当は,大きい箱のものなんかんもどんどん買ってあげたいんですけどね。

 

初めてのLEGOには,基本的なパーツがたくさん入っている黄色のアイデアボックスがオススメです。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル 10698

新品価格
¥3,940から
(2018/9/1 23:30時点)

 

2. LaQ

 

日本の玩具メーカー,ヨシリツが作るプラスチック製のパズルブロック。

といわれると,LEGOと同じじゃないかと言われそうですが,似て非なるものです。

 

LaQは,基本となる7種類のパーツを組み立て,立体的なものを作るおもちゃです。曲がったパーツがあるので,球体や曲線を作ることも可能です。その分,自らの創造力だけで組み立てるのは困難ですが,本やホームページで公開されている作り方を見れば,かなり高度な作品を作り上げることができます。

 

「LaQ芸術祭」というコンテストが開催されるほど作れるものの幅は広く,子どもだけでなく大人も夢中になれるものです。

 

パーツとパーツとがパチッと結合する触感が気持ちよく,病み付きになってしまいますよ。

 

うちの息子とLaQとの出会いは本屋さんにあった試遊コーナーでした。初めて触るLaQを真剣に,黙々とパチパチやっている姿を見て,思わず購入を決めました。

 

LEGOLEGO,LaQはLaQで,作り方にも作れる幅にも,できあがるもののクオリティにも違いがあるので,息子はそれぞれを楽しんでいるようです。 

ラキュー (LaQ) ベーシック(Basic) 201

新品価格
¥2,776から
(2018/9/2 00:26時点)

つくれる! LaQ 1 海の仲間たち ―LaQ公式ガイドブック (別冊パズラー)

新品価格
¥802から
(2018/9/2 00:27時点)

 

3. デラックス シンカリオンシリーズ

 

ガンガンズダンダン。

 

2018年のアニメ界を席巻した大人気番組「新幹線変形ロボ シンカリオン」。新幹線がロボットに変形して戦う,という男の子のツボを直に突いてくる物語。作りこまれた構成や,エヴァンゲリオンとのコラボなど,夢中になているのは子どもだけではないはずです。

 

そのシンカリオンのおもちゃは,プラレールがロボットに変形する,というもの。

 

ロボットへの変形は子どもには難しいかな,と最初は思いましたが,3歳になってすぐの息子もすぐに覚え,使いこなしていました。

 

始めのうちは新幹線をロボットに,ロボットを新幹線に,と何度も変形させていましたが,月齢が上がるにつれ,ロボットになったシンカリオンは敵と戦うようになってきました。我が家では,ジャイアントパンダのぬいぐるみがサンドバックのようにボコられています。

 

変形時にボタンを押すとカシャッと飛び出てくる頭部や,2つのシンカリオンを合体させることができるなど,ギミックも満載。

 

新幹線の状態ではプラレールなので,レールの上を走らせることもできます。(ただし,電池で自走させられるものと手で動かすことしかできないものがあります。)

 

難点は,なぜか手にガッチリはまらない武器でしょうか。

 

機体ごとに特徴があり,忍者モチーフのものや単体でアドバンストモードに変形できるものも。扱う武器も異なるシンカリオン。思わずたくさん買ってしまいたくなっているのは、もしかしたら親の方かもしれません。

 

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS11 シンカリオン ドクターイエロー

新品価格
¥9,180から
(2018/9/6 23:11時点)

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS01 シンカリオン E5 はやぶさ

新品価格
¥3,209から
(2018/9/6 23:12時点)

 

4. アニア アニマルアドベンチャー

 

動物や恐竜、水生生物などに強い興味を持つようになった3歳児。そんな生き物たちの精巧なミニチュアが、アニアです。

 

彩色はとても丁寧で、一目見て「良い物」であることがわかります。また身体等の一部を稼動させることもできるので、様々な動きを表現することも可能です。

 

アスレチックや火山などのプレイセットも豊富なので、世界感の演出もバッチリ。

 

集めてもよし、飾ってもよし、ごっこ遊びに使ってもよし。

遊びながら、生き物の名前や特徴を覚えることもできるので、生物たちへの関心の足がかりにもなるかもしれません。

 

さらに、少し大きめの うごく!アニアシリーズ は、レバーを押すと動き出します。電池いらずで遊べるのが嬉しいですね。

 

アニア マウンテンアイランド

新品価格
¥3,991から
(2018/9/6 23:13時点)

アニア うごく!アニア AM-01 ティラノサウルス

新品価格
¥1,864から
(2018/9/6 23:15時点)