ぱぱハート

ぱぱハート

3歳と0歳の息子たちとの日常を綴ります

【SPONSORED LINK】

ぼく生きてますよ、というご報告

ご無沙汰しております。

 

もう、こんな書き出しで始まる文章を書くのは何度目でしょうか。

 

前回の記事を投稿した2018年2月からこの5月まで、ぼくが地中に潜って何をしていたか。みなさん全く興味はないでしょうが、ご報告を兼ねて書いておきたいと思います。

 

祝 第二子出産

ぼくもついに、二児のパパになりました。ありがとうございます。

ちなみに二人目も男の子であります。

 

次男は、長男のときと比べて出産に至るまでにいろいろありました。逆子だと診断された期間が長く、望まない帝王切開の可能性が高かったり。妻が臨月のときに高熱を出して入院したり。その他もろもろあったので、生まれてきたときの安堵と感動もひとしおでした。

 

長男のときと同様、今回も出産には立ち会うことができました。

ただ、こと「出産」という事象において、父親は無力ですね。ただ側にいるだけで、できたのは文字通り「立ち会った」だけ。痛みに耐え、懸命に命を生み出そうとする妻と、それをただ見守るぼく。頑張っている妻に「頑張れ」と言うのもおかしいなと思い、かける言葉も見つからず。慌ただしく時間の流れる分娩室の片隅で、呆然と立ち尽くすことしかできませんでした。

 

パパとしての責務は、出産後から果たしていくしかないのでしょうね。頑張ります。

 

余談ですが、同僚に冗談まじりで「わたしもパパになりました。」と報告したところ「お前は既にパパだろう。ついに女性に援助(パトロン)でも始めたか。」と言われましたとさ。

 

祝 引越し

ぼくもついに、念願のマイホームを手に入れました。ありがとうございます。

 

マンションですけどね。ノリと勢いで買った感じは否めません。

住んでいた賃貸アパートの家賃が高かったため、この額を払い続けるなら買えるな、と判断しました。きれいなおうちに住みたいという妻の願いも叶いました。

 

正直、小さい子どもがいる状態での引越しは地獄でした。特に荷造り。子どもができて荷物がどんと増えたことに加え、子どもの面倒を見ながらでは作業が思うように進まず、引越し前夜は完全に徹夜。もう二度と引越したくないです。

 

物件選びの際には、今後、売却することもあり得るだろうということも考慮しました。終の住処を手にしたという心境ではなく、軽い気持ちで新しい家に住んでしまっています。お祝いなんかをいただいたりして、自分がやらかした事の大きさをじわじわ実感し始めています。

 

まだまだ先の話ですが、住んでいる地域の中学校の評判がいいので、できれば子供をそこに行かせたいななんて考えたりもしています。

 

ぼちぼち、新しくきれいな家への感動も薄れ、慣れ始めてきています。飽きっぽい性格なので、適当なタイミングで売ってまた新しい家に住みたいな、とも思ったりしますが、とにかく引越しはもうしたくないです。

 

バタバタが落ち着いたら、また少しずつ書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。