ぱぱハート

【SPONSORED LINK】

春はいちご狩り!美味しいいちごの食べ方,選び方

f:id:shumai0911:20170307234601j:image

いつの間にか,いちごの季節になっていました。

スーパーを入ってすぐのところに置かれるいちご。お菓子コーナーを埋め尽くす勢いのいちご味の何か。桜とともに春をピンクに染める勢力が,今年もその力を発揮し始めています。

 

せっかくなので,いちごを狩りに出かけてきました。

 

美味しいものを美味しい時期に食べたいし,果物が生っているその姿を子どもに見せたい。レジャーとしても楽しい。わたくしは,果物狩りを強く推していく所存であります。

 

いちごさん

せっかく行くのだからと,いちごさんについて軽く調べてみたところ,衝撃の事実が次々と。

まず,いちごはバラ科であるということ。あれのどこがバラなんですか。花も違うしとげもない。詳しい人には,バラじゃなかったら何科なんだと言われそうですが。

いちごもバラも,人間の手によって品種改良を何度もされて,いまのカタチになったのでしょう。改良なのか改悪なのかはわかりませんが。

 

そして,ぼくらが食べているあの赤い部分は果実ではないということ。あれは雌しべの土台となる部位で,花托というのだそうです。肥大化した茎なんですってよ,あれ。ぼくらは茎を食べてるんですってよ!そして,表面の黒いツブツブは種ではない。あのツブツブこそが果実なのだそうです。果実一つ一つの中に種が含まれているのだとか。

知らなかった。

 

いざ,いちご狩り

向かったのは千葉県。収穫量では国内9位の,多いんだか少ないんだかわからない場所です。

 

「別のお客さんに練乳多めにくれって言われたけど,練乳つけなくても十分甘いからね!」という農家の方のお怒り気味な発言によりスタートしたいちご狩り。手元には練乳とヘタを入れるための容器が配られています。

 

品種は大人気のとちおとめ。西日本ではあまおうやさがほのかなど,多数のブランドいちごがしのぎを削っている印象ですが,東日本では依然とちおとめが人気を独占しているように思います。

特徴は,大きくて甘いこと。間違いなく栃木生まれの品種ですが,千葉でも生育されているんですね!

JA全農とちぎ 苺 とちおとめ (300g×2パック) 栃木県 JAかみつが産

新品価格
¥2,500から
(2017/3/7 23:52時点)

生っているいちごのアタリハズレの見極めは簡単で,より赤いものが甘いのだそうです。根本の部分が白いものよりも,全体が赤くなっているものを選ぶのが基本だとか。

 

外に比べてビニールハウスの中は暖かく,コートは不要。冬眠から目覚めたカエルが,娯楽気分の人間たちに緊張感を与えていました。

 

いちごを食す

農家の方の自慢のいちごたちは,まさにシーズンを迎えているのでしょう。どの実も大きく真っ赤に生っていました。あ,実じゃないのか。

 

 食べると瑞々しくて甘い!スーパーなんかで買ういちごは甘酸っぱかったりもしますが,この日食べたいちごは全く酸味はありませんでした。たしかにその甘さは,練乳なんていらないほどでした。

 

いちごは根本の部分より先っぽの方が甘いんですよね。いちごを食べるときは先っぽからではなく,根本側から食べた方が口に甘みが残るので,より美味しくいただけるんだそうですよ。

 

気を傷つけてしまう恐れがあったので,子どもは自分でいちごを摘むことはできませんでした。それでもヘタを取って渡してやるとパクパク美味しそうに食べていました。口の周りをいちごだらけにして,まるでホラーのようになっていたのもご愛嬌です。

これが食べたい,次はこれ,といちごを選んでは採ってもらい,むしゃむしゃ。とても気に入ったようです。時間になってもビニールハウスを後にするのを嫌がり,まだまだいちごを食べたそうにしていました。

 

なお,奥さんの背中に手を置いたら,かえるが飛び乗ったと勘違いして硬直したのがハイライトでした。

f:id:shumai0911:20170307234608j:image