ぱぱハート

ぱぱハート

4歳と0歳の息子たちとの日常を綴ります

【SPONSORED LINK】

はじめてのお泊まり

長男のいない夜

家の中が、いつになく静かです。こんな夜を過ごすのは、いつぶりのことでしょうか。

今夜は4歳の長男がお泊まりで出かけています。行き先は、ぼくの実家です。

 

ぼくの実家は、自宅から車で15分ほどのところにあります。

歩いて行くには遠く、最寄りの駅もスーパーも違う。ただ、何かあったときにはお互いにすぐに駆けつけられる。そんな距離感です。

 

あえてぼくの実家の近くに住んでいるのではなく、転勤族とまでは言わないまでも一定のスパンで異動をするぼくたち夫婦が、たまたま流れ着いたのがいまの自宅の場所でした。たまたまです。

 

そんな距離感なので、ぼくの実家には頻繁に日帰りで遊びに行っています。

長男がおじいちゃんの家に泊まりたい、と言い出したのも、日帰りで遊んでもらった日のことでした。

 

うちにはもう一人、生後4か月の子がいます。ぼくの実家はマンションであるため、4人で押し掛けるにはちと狭い。

おじいちゃんの家に泊まるなら、一人で泊まること。それが長男に突き付けられた条件でした。

 

意外にも、長男はその条件をあっさり承諾。

ぼくの実家が自宅から近いので、万が一のときにも駆け付けられるという安心感もあり、ぼくたちは長男を送り出すことにしました。

 

思えば、生まれたその日こそ産科の方針で別室で寝たものの、その日以降 長男は常に、ぼくか奥さんのどちらかと一緒に夜を過ごしてきました。ぼくが仕事で帰れなかったことも、奥さんが第2子の出産のために入院していたこともありましたが、長男にとって両親がどちらもいないという状況は、今回が初めて。いま、一体どんな気持ちで過ごしているのでしょうか。

 

長男が生まれて、ぼくたち夫婦の生活は激変しました。生活の中心には子どもがいて、何をするにも子どものことを最優先に考えてきました。ただ、その変化は決してネガティブなものではなかったように思います。

 

長男が4歳になる年の春に、次男が生まれました。赤ちゃんの登場により、我が家の暮らしは今度は次男中心のものに変化すると思われました。しかし不思議なことに、赤ちゃんが現れてからも長男は我が家の中心に居続けました。抱っこするかしないか、お風呂の順番、お出かけの行き先など様々なことが、どちらかというと長男のリズムを考慮して決められており、赤ちゃんがお兄ちゃんに合わせているような、なんとも申し訳ない暮らしをしています。

 

そんな長男が、いない。

子どもが生まれる前は家には夫婦二人だけしかいなかったのに。長男がいなくても次男はいるのに。なんだか突然 家が広くなったような、部屋が静かすぎるせいで生活音がいつもより響いているような、そんな気がします。

 

長男は今頃、おじいちゃんの家でどうしているのだろう。楽しんでくれているといいなと思う反面、少しは両親がいないことを寂しく感じていてほしいとも思ったりします。

 

 

帰宅後

長男は、新しいおもちゃを手にしてウキウキしながら帰ってきやがりました。

「楽しかった!」「全然寂しくなかった!」「また行きたい!」

 

子どもは、大人が思うよりもはるかにタフでした。

 

我々の休息のためにも、今後はバンバン一人で外泊させるかもしれません。

楽しくてよかったね!

 

f:id:shumai0911:20180930214006j:image