ぱぱハート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族旅行2016夏 その② トーマスランドで叶う夢

おでかけ

f:id:shumai0911:20160909233049j:plain

叶えたい、夢がありました。

子どもがトーマスにハマり始めたのは、一体いつだったか。確か1歳半前後の頃だったと思うのですが。気がつけば我が家のHDはトーマスでいっぱいになり、ぼくは毎日テーマソングを聴いている気がします。部屋中にトーマスグッズが溢れ、アンパンマンの数を抜こうとしています。

そして、七夕。保育園に用意してもらった短冊に書いたお願いは

「トーマスに乗りたい」

ならば叶えよう。それが親の務めだ(なお、短冊を書いたのは妻です)。

 

 

いざ,トーマスランド

 山梨県富士急ハイランド。轟音と悲鳴を乗せたジェットコースターが暴れまわる遊園地の片隅に、子どもの夢がありました。

 フリーパスは,中学生以上は3,900円,小学生は3,300円,3歳から小学校入学前までは2,900円。入場料は,中学生以上は1,500円,3歳から小学生までは900円です。道の駅なんかに置いてあるクーポン券を使えば、もう数百円ずつ安くなります。

子どもの年齢等にもよりますが、オススメは入場料だけ払い、都度払いで乗り物に乗ること。トーマスランドのアトラクションはいずれも100〜300円。子どもが同じものに2回以上乗りたいと言うこともあるでしょうが、それでも都度払いの方が安く済むことが多いのではないかと思います。

 

f:id:shumai0911:20160909232921j:plain

出迎えてくれたのは、トーマスやパーシーのモニュメント。リアルな造りでありながら、着ぐるみのような生々しい動きはありません。ゆっくり流れるせせらぎのような川には、小さな橋が架けられています。絶叫とも恐怖とも無縁な、子どものための一角です。子どもは、無邪気にその世界に飛び込んでいきました。

朝,早い時間から行ったので,どのアトラクションも空いており,スムーズに回ることができました。時間を追うごとに混雑していった印象です。

以下,うちの子どもが乗ったアトラクションです。 

 

みんなでツイスト

 最初に乗ったのは、これ。トーマス、パーシー、メイビス等を模した、ツイストしながら動くメリーゴーランドです。

ワクワクしながらトビーに乗り込んだうちの子どもは、動き出すとともに号泣。結局,アトラクションの終了まで泣いていました。

げ。親を襲う、まだ早かったのか、という不安。音楽の音量が大きすぎたのか。動くとは思っていなかったとでもいうのか。

しかし,泣いたのは後にも先にもこの1回だけでした。たまたま嫌いなタイプのアトラクションだったとも思えないので,ビックリしたんでしょう。その後は子どもならではの対応力を発揮し,トーマスの世界を楽しんでしました。

ワクワクして乗り込んだ姿と,直後に号泣する姿。どちらも写真に収められているのですが…笑えます。 

 

トーマスとパーシーのわくわくライド(2回)

 トーマスやパーシーに乗り,トーマスの声(録音)と,運転手の係の人のアナウンスを聞きながらソドー島を巡るというアトラクションです。公式HPによると,トーマスランドのメインアトラクションなんだとか。うちの子どもの,トーマスに乗りたい,という夢はここで叶いました。

イメージとしては,ディズニーランドのジャングルクルーズみたいな感じです。ジャングルクルーズもそうですが,こういうアトラクションは係の方の力量によって,面白さに差が出るのではないかと思います。正直,全部トーマスに喋らせた方が子どもは喜ぶんじゃないの,と思わずにはいられませんでした。いや,係の方が下手とかそういうことではなくて。

この日は午前中がトーマス,午後がジェームスで,それぞれに1度ずつ乗りました。お昼に交替のために数十分アトラクションが中断していたようです。ネタバレになるので多くは言いませんが,右側にお子さんを乗せることをオススメします。

 

トーマスのパーティパレード(2回)

こっちがメインでしょ? 

 いたずら貨車に乗って,パーティを目指す,室内型のアトラクションです。中ではいろいろなキャラクターが待っており,子どもは夢中になってあちこち見ていました。アトラクションの最後には記念撮影が行われ,出口にあるグッズショップで購入できます。1枚500円。思わず買ってしまいました。

うちの子どもが一番楽しんでいたのはこのアトラクションでした。ぼくたち夫婦も同意見ですし,一番混雑していたのではないかと思います。 

何のパーティだったのかは不明。

 

ハッピー・ハロルド(2回)

 ヘリコプターのハロルドに乗り込んで,お空のパトロールです。中のボタンで昇降できます。

親のうち 一人は子どもと乗り,もう一人は乗らずに写真を撮るという作戦を敢行したのですが,まぁいい写真撮れませんでした。浮いてるんですもん,ハロルド。下から見ると子どもは完全に隠れてしまい,妻が一人で楽しんでいるかのようなシュールな写真になりました。もし写真が撮りたいのであれば,夫婦が別々の機体に乗り込み,一方からもう一方を撮ることになるでしょうか。

子どもは高いところは嫌がるかなと思っていたのですが,2回目をせがむほど気に入ったようです。ぼくが思っていたよりも,もうずっと逞しくなっているのかもしれません。

 

 総括というか感想というか

係員の方や食事の質などのホスピタリティ ,ランドの作りこみ度など,ディズニーランドには遠く及ばないなというのが,正直な感想です。グッズにはトーマスランド限定のものもありますが,どこでも売られているようなものも定価で置いてあったりします。トーマスとパーシーのモニュメントは運転席に乗り込み,ボタンを押して汽笛を鳴らせる仕組みなのですが,あれ,混雑時はどう整理するのでしょうか。外にはモニュメントと写真を撮りたい人もいるわけで,横に行列ができるのは不恰好だと思うのですが。

ただ,そこまで作りこむ必要なんてないんでしょうね。子どもたちにとってはトーマスに乗れる,トーマスと遊べることが大事なのであって,それが叶うのだからもう十分満足なんです。楽しそうな子どもの姿を見たら,親なんて骨抜きですしね。

子どもが興味を示さなかったアトラクションや,年齢制限,身長制限に引っかかったアトラクションもまだまだありました。またいつか,遊びに行くことになるのかな。子どもがあんなに楽しそうにしている姿を見せられたら,何度でも行ってしまいそうです。甘いですね,ぼくも。

f:id:shumai0911:20160909233359j:plain